隼人隼人

じゃ、今日は、美容にいいって言われてる「甘酒」について、おもに「美容面」にスポットを当てて、話してくよ♪

まず、甘酒には種類が
あって、どの甘酒が
美容にいいのか、って話しや。。

美容目的とした場合、
効果的なのは、どういう
飲み方なのか、、ってコトや、、

あと、隼人おすすめ
の美容用の甘酒についても
話してくよ~♪

甘酒には「米麹」系と「酒粕」系がアリ!

まず、甘酒は、
大きく分けて、2種類の
タイプに分かれていて、

この2つには、けっこうな
「違い」があるんだよ。。

「米麹」系と「酒粕」系に
なるんだけど、、

それぞれについて、くわしく
話していくね♪

美容にいいのは「米麹」系?

まず、「米麹」系は、、

お米と「麹菌」を混ぜ合わせて
発酵させたシンプルなモノ。。

お米のデンプンが発酵するコトで
「甘み」が出るんだね。。

特徴としては、、

  • この時点ではアルコールを含んでいない
  • 自然な甘みがある

ってコト。。

なので、米と米麹のみで
作られた甘酒とかも、
けっこう販売されてるよ。。

。。で、この
「米麹」の甘酒、、

お米を発酵させただけなのに、
すばらしい成分がいっぱい
生まれる
んだよ♪

まず、「飲む点滴」って
言われてるように、、

「ブドウ糖」「アミノ酸」
「ビタミン類」「ミネラル」

など、体に必要とされる
栄養素を多く含んでるよ♪

さらに、麹菌が、これらの
栄養の「消化・吸収」を
助けてくれる働きを持ってるので、、

基礎的な栄養補給に
とっても役立つってワケだね。。

。。で、さらに、

■腸内環境を改善して、
 善玉菌を増やす

作用のある成分も
複数入ってると言われてるよ。。

なので、便秘の改善とかに
効果があるかも、、って
されてるんだ。。

体に必要な栄養も
たくさん摂れて、なおかつ
腸内環境にもいいので、、

ダイエット目的で
飲んでる人も多いんだね。。

。。で、肝心の
「美容」についてだけど、、

正直、

・体に必要な栄養素 → 健康
・腸内環境の改善 → 老廃物を溜めにくく

ってコレだけでも、
十分に、「美肌効果」も
見込める
かも、、って
コトなんだけど、、

それ以外にも、、

・肌の血流の改善 → 目の下のクマに効果が認められた
・アンチエイジング効果 → 抗酸化作用
・リラックス効果 → ホルモンバランスを整える

などなど、、いろんな
「美容」がらみの効果も
研究によって明らかに
されてきてるんだ。。

なので、

・健康のためにもよくて
・腸内環境のためにもよくて
・美肌にもいい

って感じで、まさに
理想的な成分がぎっしり
つまった飲み物として、
注目を集めてるワケなんだよ♪

「酒粕」系はアルコールに注意!

。。で、今まで話した
「米麹」系の甘酒。。

これは、日本酒を作る
「前段階」の状態なんだ。。

日本酒を作るには、この
アルコールを含まない
米麹の甘酒に、
「酵母」などを加えて、
さらに発酵を進めるんだね。。

。。で、できあがったモノを
濾過精製してできたモノが
「日本酒」。。

この、濾過などの作業の
時に、残されたモノが

★酒粕

になるんだ。。

。。で、この酒粕、
この時点では、もう
「甘み」はなくなってるんだ。。

なので、この酒粕に
砂糖などの甘みを足したモノが

★「酒粕」系の甘酒

ってコトになるんだ。。

。。ちょっと、長ったらしい
話しだけど、、

分かってもらえたかな?(・_・;)

この酒粕系の甘酒の
特徴としては、、

  • 少しだけどアルコールが残ってる
  • 砂糖などで甘みをつけている

ってコトが米麹系との
決定的な違いだね。。

。。でも、この
酒粕、実は
米麹をさらに発酵させて
できたモノなので、、

さらに いろいろと
美容にも有効な成分を
生み出していると言われてるよ♪

(しかも、いろんな成分は、
 酒粕の方に多く残ってる
 って言われてるよ)

。。ただ、微量でも
アルコールを含んでるので、、

・朝に飲んだり
・休憩時間に飲んだり

ってコトは、とくに
仕事を持ってる人とかには
推奨しにくいよね。。^^;

なので、
「甘酒が美容にいい」
ってされる場合、
おもに、「米麹」系の
甘酒を指すコトが多い
んだ。。

。。でも、専門家によっては、

★「酒粕」系の甘酒の方が
 美容成分が豊富

って言ってる人もいて、
ここは、意見が分かれてる
感じなんだよね。。(^_^;)

【朝に飲む?】甘酒の美容にいい「飲み方」って?

そんな いろんな効果が
期待できる「甘酒」なんだけど、、

いったい どんな飲み方が
いいのかっていうと、、

けっこう これ、
諸説あって、みんな
いろんなコトを
話してるので、実は
かなりややこしいんだよ(^_^;)

ざっくり まとめて
みると、、

基本的には、米麹系の甘酒を飲む

。。あ、これからの話しは
基本的には、「米麹」系の
甘酒を飲むってコトになるよ。。

酒粕のモノは、やっぱり
アルコールが入ってるんで、
日中飲むのは、いろんな意味で
良くないかなと。。(^_^;)

「回数」「量」的には、1日2杯くらいまで…

いくら、甘酒が体に
いいからといって、、

「1日2リットルを目安に
 飲んで下さい」

みたいな発言をしてる
人は、いないよ。(^_^;)

カロリーとかも、それほど
低くはないんでね。。

みんなの意見を平均すると、

★1日1~2杯くらい

の量が理想っていった
感じだね。。

1杯あたり100mlくらいって
考えると、

★200ml前後

っていうのが、平均的に
勧められてる「量」だと思うよ。。

タイミングは断然「朝」が一番人気!

。。で、タイミング的には、
ダントツで、

★朝 飲む

のが一番人気だね。。

体に必要な栄養素も
たくさん入ってるので、
これから動き出すって
時に飲むのがマッチしてる
ワケ。。

その他のタイミングと
しては、、

・昼食後の間食
・夜寝る前

とかがあったかな。。

「朝」「夜寝る前」

は別として、それ以外の
タイミングとしては、
「置き換え」目的が
多いみたいなんだ。。

つまり、

■いつも、15時には
 おやつとしてお菓子を食べる

   ↓

■お菓子の代わりに
 甘酒に

って、形とか、、

■いつも、夕食後には
 デザートを食べる

   ↓

■デザートの代わりに
 甘酒を飲む

とかって感じだね。。

正直言って、お菓子とかの
体によくないモノの代わりに
甘酒で「置き換え」ると、
体や美容には、とっても
プラスになるって形だね。。

。。あと、夜寝る前に
飲むのは、、

・美容効果を高めるのに役立つ

だけじゃなくて、、

・睡眠の質を高める効果がある

って言われてるんだけど、
これは酒粕に含まれる
「清酒酵母」の話しみたいだね。。

なので、

■朝は米麹、夜は酒粕

っていう選択肢も
とてもグッドな組み合わせでは、、

って思うよ♪

【上級者編】米麹系の甘酒なら手作りがベスト!

。。あと、もし、本格的に
甘酒で、美容を目指すんなら、、

おすすめ したいのは、

★甘酒(米麹)の自作

だね。。

っていうのも、
知ってる人も多いと
思うけど、

こういう発酵系のモノは
「熱」とかに弱いんだよね。。

。。ま、いってみれば
「微生物」だからね。。

なので、長期保存とかを
考えた市販品の場合は、
いろんな処理を加えないと
いけないし、

どんどん、有益な成分は
抜けていってる可能性が
あるんだよ。(;´Д`)

もちろん、全部抜けてしまう
ってワケじゃなくて、
残ってる成分でも、有益な
モノはたくさんあるんだけどね。。

。。でも、やっぱり
殺菌処理とかをやってる
うちに、失われていくモノは
あるので、、

自作がオススメに
なってくるよ。。

調べてみると、多少、
「温度管理」や
「発酵に時間がかかる」って
面倒さはあるんだけど、、

基本的には、

★もち米など、麹菌、水

くらいで できる
みたいなんで、、

よかったら、チャレンジして
みてね♪

美容目的で甘酒を飲むなら こちらが「おすすめ」!

。。とはいっても、
手作りなんて、面倒
くさい。。

そういう君には、
市販の甘酒のオススメを
紹介しておくね♪

(価格は、Amazon価格で、
 調査時(2018.10.11)の
 モノなので、注意してね。)

ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml

  • タイプ:米麹・ストレート
  • Amazon価格:584円(900ml)

Amazonで、ダントツ
ベストセラー1位の甘酒
だよ♪

純粋に米と米麹だけで作られた
米麹系のモノ。。

無濾過タイプの粒が残ってる
甘酒で、「品の良い甘さ」
評判なんだ♪

。。同じく、米と米麹だけで
作られた甘酒で、サラっと
して飲みやすいモノとして、

国菊甘酒 900ml

があるみたいだね。。



森永製菓 甘酒 190g×30本

  • タイプ:酒粕・ストレート
  • Amazon価格:2,670円(190g×30本)

「酒粕」系のタイプで意外に(?)
人気が高かったのが、この
森永製菓の「缶タイプ」。。

「さっぱりしてて飲みやすい」
「手軽でいいし、安い」

ってコトでかなりの人気だよ。。



酵素 甘こうじ 600ml×6P 仲宗根糀家 無添加 生きてる酵素入り 砂糖不使用

  • タイプ:米麹(生)・濃縮
  • Amazon価格:5,850円(600ml×6P)

酵素が生きた状態で
飲める
ように、冷凍保存
された濃縮タイプ。。

酵素成分とかに
こだわるなら、こちらが
オススメかな。。

。。まだまだ、人気の甘酒は
たくさんあるみたいだけど、、

↑のリンクからAmazonの
ページに行ったら、
いろんな関連商品が出てくるので、
参考にしてみてね♪




▼▼この記事を読んだ人には こちらもオススメ