隼人隼人

じゃ、今日は、日本やフランスで大人気のオーガニックオイル、メルヴィータ「アルガンオイル」について話してくね♪

まず、このアルガンオイルは、
いろんな使い方ができるので、
逆に迷っちゃってる人も
多い
みたいなんだよね~。。

そんな君のために使い方に
ついて、あれこれ話してこうと
思ってるよ。。

。。あと、やっぱりチェック
しておきたい口コミ情報とかに
ついても触れていくからね♪

【髪にも使える?】メルヴィータ「アルガンオイル」の使い方いろいろ

肌の感触を確かめる女の人

30年以上も、フランスで
愛され、日本でも人気の高い
ガチなオーガニックブランド
「Melvita(メルヴィータ)」。。

中でも、やっぱり
人気が高いのが、この
「ビオオイル アルガンオイル」なんだね。。

アルガンオイル

>>>>今すぐMelvitaの公式へ行ってみる

。。ただ、ちょっと
「万能美容オイル」っぽい
感じのオイルになるんで、
逆に迷ってしまう人が
多いのが、その「使い方」。。

そんな使い方について、
まずは、話してくね♪

▼▼まずは「ブースター」として

あれこれ迷うより、まず
試してみてほしい
のが、
「ブースター」として
化粧水の前に使う形の使い方だよ♪

公式的にもイチオシだし、
口コミをみていても、やっぱり
ブースター使いをしてる人が
多い
感じだよ。。

(次のトコでくわしく
 話してくね♪)

▼▼他の使い方については…

お風呂上がりの女性

。。で、他の使い方について
話してくと、、

  • お風呂上がりに全身ケア
  • ヘアケアに使う
  • マッサージオイルとして使う
  • スキンケアのクリームの代わりに使う
  • オイルパックに使う
  • ハンドクリームの代わりにも…

って形でホントいろんな
使い方ができるんだ♪

ちなみに、「お風呂上がりに
全身に使う」
時には、体の
余分な水分をタオルで
取ってあげたら、「なるべく
早く」塗ってあげるといい
よ。。

。。で、髪に使う「ヘアケア」には
いろんな方法があって、

・ドライヤーで乾かす前に使う
・乾いた髪に使う
・頭皮に使う(髪を洗う前)

って使い方ができるんだよ。。

さらに、顔に使う場合でも、
「ブースター」として
使ったあとに、さらに
仕上げの段階で、「クリーム」
みたいに潤いを閉じ込める役目と
しても使う
コトができるんだ。。

まさに「万能」だね♪

【鉄板】ブースター美容オイルとしての使い方♪

肌への優しさに満足の女の人

。。で、このメルヴィータ
アルガンオイルの「ブースター」と
しての使い方
を もうちょっと
掘り下げて話してくね♪

3つのポイントに分けて
話してくよ。。

▼▼洗顔後の肌スグに入れてあげる♪

まず、「ブースター」としての
一番のポイントはココだよ♪

洗顔後の キレイになった
肌に一番先に入れてあげるんだ。。

「オイルなんて、先に
 入れちゃって大丈夫?」

って思う人もいるかも
だけど、、

大丈夫なんだよ♪

アルガンオイルは、ヒトの
皮脂の組成ととっても似てる
成分構成なんで、

肌によくなじんで、
逆に化粧水など「うるおいの
通り道」になってくれる
効果が
期待できるんだよ。。

だからフタをしてしまう
どころか、逆に「後の
スキンケアの入りがよくなる」

効果が期待できるんだ♪

▼▼【ここ重要!】適量を使うのがコツ

使い方のポイントを説明する

。。で、ここが重要なんだけど、
いくら「通り道」になるって
いっても、
「皮脂と似てる」っていっても、

・オイルはオイル

なんだよ~。。

なので、うまく「通り道」として
機能してくれるくらいの「量」を
入れてあげる
のが、最大の
ポイントになるよ。。

・多すぎると溢れ出してベタベタに
・少なすぎてもブースターの効果が最大限に発揮できない

からね。。

一応、公式が発表してる
目安としては、、

  • 普通肌:5~8滴
  • 乾燥肌:10滴
  • 脂性肌:3~5滴

ってされてるんだけど、、
ビミョーに人それぞれに
やっぱり肌の状態って
違うと思うので、

上の目安量を参考にしながら

「君に一番しっくり来る」

量を見つけてあげてね♪

▼▼化粧水は「さっぱり目」で♪

マッサージを楽しむ女性

。。で、次に おそらく
化粧水を使ってくと
思うんだけど、、

アルガンオイルを
ブースターとして使った
場合は、化粧水については、

★わりと「さっぱり目」

のモノがオススメになるよ♪

最近、人気の
「とろみのある化粧水」とかは
ブースターとの相性が
あまりよくない場合が多い
んだ。。

なので、サラっとした
使用感の化粧水を
チョイス
してあげるといいよ。。




ってな感じで、ブースターと
しての使い方については、
こんなトコだね。。

メルヴィータ アルガンオイルは「朝」使ってもいい?【油焼けしない?】

朝の使い方で迷う

。。で、一般的に
「美容オイル」をスキンケアに
使おうと思ったら、絶対っていうほど
出てくる疑問が、この
油焼けだね。。

これについては、美容オイルの
種類にもよるし、また
精製の度合いについても
変わってくるので、判断が
難しいトコロなんだ。。

。。でも、メルヴィータさんが
書いてるコラムには、
こう載っていたんだよ。。

オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、ココナッツオイルなどは酸化しにくいオイルと言われています。ホホバオイルやココナッツオイル、椿油、アルガンオイルは朝外出前に使っても、特に問題ありません。

。。なので、メルヴィータの
見解としては、
メルヴィータ「アルガンオイル」を
「朝」のスキンケアに使用しても
問題ない
ってコトだね。。

さらに、同じページには、

ビタミンEが大量に含まれているアルガンオイルには、肌のターンオーバーを促してくれる働きがあるため、日焼けしてしまった肌をゆっくりと健康な状態に戻してくれます。

とも書かれていたので、
むしろプラスに働く面も
ある
って感じだね。。

。。ただ、これは、
「UVケア」ができるって
コトとは また別の話しなんで、
朝のスキンケアでは、
しっかりとUV対策するのは、
忘れないように
してね。。

メルヴィータ アルガンオイルの@コスメでの口コミは?

スマホで口コミを調べる女性

。。じゃ、そんなこんなの
メルヴィータ アルガンオイルの
口コミについて、
見ていってみようね♪

口コミといえば、、
の@コスメでは、

メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル

(あ、これが一応
 メルヴィータのアルガンオイルの
 正式名称だよ)

  • 口コミ件数:1379件
  • 注目人数:2908人
  • 平均評価:4.8(7点満点中)
  • ブースター・導入液部門:2位

って輝かしい感じだったよ♪

具体的な口コミとしては、、

・アルガンオイルも含め、
 いろんな美容オイルを
 試してきましたが、
 メルヴィータのアルガンオイルは
 保湿力がバツグン!って
 印象です…(^^)

・肌がツヤツヤになって
 ハリも出てきたように
 思います…鏡を見るのが
 楽しくなってきました…

・次に使う化粧水の
 浸透がハンパなく
 よくなる気がします…
 全身に使えるのも
 うれしいですね…

・肌トラブルを起こしがちな
 肌質なのですが、こちらは
 問題なく使えてます…
 ベタベタしないのも
 いいですね…

・オイリー肌なので、
 アルガンオイルとか
 ないだろって思ってた
 けど、友達に勧められて
 使ってみたらビックリ!!
 むしろテカらないって
 感じで…自分でも不思議
 なんだけど、わたしには
 合ってたみたい…

って うれしい実感を
持った人の口コミが
いっぱいあったんだよ~♪

印象的だったのは、
「〇〇に勧められて」って
フレーズが多かったコト。。

これって使ってみた人が
よかったので、周りの人にも
勧めてるってコトだよね。。

まさに、口コミの輪が
広がって、人気になってる
アイテム
なんだな~って
思ったよ♪

公式サイトをチェック

※あ、でもあくまで
 これらは個人の感想に
 なるんで、効果には
 個人差が出るってコトで、
 気をつけてね。。

【他にもいっぱい♪】メルヴィータの人気商品は…

オススメに喜ぶ女の人

。。で、そんな評判のいい
メルヴィータのアルガンオイル
なんだけど、、

メルヴィータさんには、
アルガンオイルの他にも
いろんな人気商品がある
んだよ♪

「ランキング」じゃないけど、
@コスメや公式サイトを
参考にして、人気の高い順
ならべてみると、、

  • ロルロゼ ブリリアント ボディオイル
  • ネクターブラン ウォーターオイル デュオ(白ゆりのオイル)
  • フラワーブーケ ローズ フェイストナー(化粧水)
  • フラワーウォーター リセットミスト ローズ(ミスト化粧水)
  • ビオオイル ローズ タッチオイル(ロールオンオイル)

。。ちょっと、順番に
並べるのが難しかったんだけど、、(^_^;)

ザックリと こんな
感じなのかな~ってトコだね。。

「ウォーターオイル」って
のは、その名の通り、
「水とオイル」の二層式
なってて、使う前に振って
混ぜ合わせるタイプのモノ
みたいだよ。。

。。でも、ダントツに
一番人気なのは、やっぱり
アルガンオイル
みたいだね。。

公式ページに、いろんな
アイテムも紹介されてるので、
よかったら一度覗いてみてね♪

↓↓↓大人気のコスメをチェックする!↓↓↓

アルガンオイル




▼▼この記事を読んだ人におすすめ記事は?