隼人隼人

若い頃に比べて、「肌のキメ」がなくなってきた。。そんな悩みを持ってる人に向けて、またまた助手くんが話しをしてくれるよ♪。。じゃ、今日も助手くん、お願いね♪

助手くん助手くん

承知しました

肌のキメを復活させたい時に重要な7つのコトって

最近、肌のキメが整わず、
かさつきやくすみなどが
出てきたという人に
耳よりの情報があります。

自分では正しくスキンケアを
しているつもりでも、
徐々にほうれい線や目じりのシワが
気になり、

お肌の艶や潤いも
損なわれてきたという人も
多いでしょう。

人間は生まれてから
亡くなるまで、
肌細胞のターンオーバーを
繰り返します。

肌細胞のターンオーバーは
加齢とともに
そのサイクルに変化が出てきます。

これを肌の老化と言います。

30代半ばを過ぎると
代謝が徐々に衰え、

40代半ばごろには
肌のターンオーバーには
10代の倍の時間が掛かると
言われています。

細胞は新陳代謝を繰り返し、
新たな細胞が生まれると
真皮から表皮へ、最終的に
代謝というように、
新しい細胞が古い細胞を
押し出す形で
ターンオーバーが進みます。

肌の弾力を保っているのが
コラーゲンと水分、
筋肉のハリと言われています。

紫外線の影響や生活習慣などから、
肌のキメが崩れると、
実年齢よりも老けて見えるでしょう。

肌のキメを復活させるために
どのようなことを行えばよいのか
7つのポイントについて
ご紹介します。

生活習慣・ホルモンバランスを整える

肌の表皮は
人の末端細胞としてあり、
健全な細胞分裂により
つくり出されます。

経口摂取した食物が
小腸で栄養、大腸で水分を
吸収し、

血液により私たちの肉や
皮膚の細胞にまで及びます。

生活習慣が乱れてしまうと
ホルモンバランスが崩れ、
ターンオーバーの速度を
遅らせることがあります。

ホルモンバランスは内臓の
異常で崩れると言われており、
肌にも影響します。

肌のキメを整えてハリを取り戻すためには
生活習慣を見直す必要があるでしょう。

便秘を避ける

栄養は水分と共に
血液から送られますが、

消化後の栄養を
小腸で吸収した後に
大腸に送られると、

大腸の蠕動運動により
徐々に直腸へと送られる時に
十分な水分が吸収されます。

しかし、便秘になると
長時間大腸に老廃物が
停滞した状況となり、
過度な水分の吸収で
尿により代謝されると、

老廃物は腸内で
毒素を出し、
血液共に末端細胞にまで
運ばれます。

バランスの良い食事と
適度な運動に心掛けて
便秘を避ける必要があります。

ストレスを解消する

現代社会は
ストレス社会と言われています。

ストレスは人により
異なりますが、
人体への影響もあると言われ、
自律神経のリズムを
乱すと考えられています。

食欲不振や不眠を引き起こし、
ストレス解消のために
過度な飲酒や
タバコの本数が多くなることで、
益々悪影響が蓄積します。

ストレスを完全に
解消することは難しいですが、
長時間勤務をやめ、
仕事とプライベートを
正しく分けることが大切です。

スポーツや趣味に没頭することも
ストレス解消になると考えられており、
ストレスが解消することにより
ハリやキメも取り戻せます。

質の良い睡眠が大事

人間の細胞の
ターンオーバーが活発化する
時間帯は

★午後10時~午前2時頃

と言われています。

睡眠導入後1時間程度で
脳がリラックスした状態になり
成長ホルモンが分泌されます。

この時間帯に就寝していることが
大切で質の良い睡眠のためにも、
就寝前5時間程度は食事を抑え、
飲酒もほどほどにすることが
大切です。

メイクや皮脂汚れを残さない

仕事やお出かけから戻り、
就寝までにメイクや皮脂汚れを
正しいクレンジングで
落とすことです。

メイクや皮脂を
そのままにせず、
洗顔できれいに落としてから
就寝することです。

セラミドを補給する

人の体には汗腺があり、
水分の蒸発と共に
体温のコントロールをしています。

肌はセラミドという物質により
水分を蓄える機能を持ち、
乾燥から守っています。

セラミドが減少することで
シワを作ります。

年々減少するセラミドを補給するために
セラミド成分配合の乳液や保湿クリームで
毎日のスキンケアを心がけることです。

紫外線をブロック

紫外線が肌に悪影響を
及ぼすことは明確です。

人は紫外線を多く浴びると
メラニン色素により
シミの原因になります。

また、紫外線はコラーゲンを破壊し、
体内で活性酸素を増やす
と言われています。

外出時には帽子や日傘、サングラスを
使用し紫外線を直接受けないよう
ブロックすることが大切です。




肌のキメやハリを保つことは、
若々しさを保つことにもなります。
以上で説明した7つのポイントを
しっかりと押さえておけば、
ハリと弾力は復活するでしょう。

肌のキメが「ない」原因って?

健康な肌では
細かい網目が張り巡らされていますが、
キメがなくなってしまう
ことがあります。

肌のキメがない原因と
なっているのは、
過剰なスキンケアです。

すでにトラブルを
感じている人の場合、
現状を何とかしようとして
色んなケアを試みたりします。

トラブルが改善しない一番の原因が
スキンケア方法にある
可能性が高いです。

肌には角質があり
バリアを作っていますが、
過剰なケアが角質を削り落として
バリアのない状態を
作っているのです。

洗顔やクレンジングを止める、
メイクをお休みする、
スキンケアは必要最低限のものだけに
するなど減らすケアが
大切です。

トラブルが起きている時には、
美容液なども刺激になってしまいます。

特にピーリングのような
スキンケアは必要以上に
角質を剥がしてしまうので
注意が必要なのです。

そしてこのバリアが低下している状態で
心配なのが紫外線です。

バリアが低下していれば、
健康な肌の人よりも
紫外線ダメージをダイレクトに
受けてしまいます。

紫外線は必要な潤いも
奪いますし、
肌を荒らす原因と
なるからです。

この2つを繰り返すことで、
キメがない状態を
作り出してしまうのです。

キメが乱れている時には
いつも以上に紫外線対策をして、
守る必要があります。




▼▼この記事を読んだ人にオススメの記事って?