隼人隼人

じゃ、今日は「しっとり潤うのにテカらない」ってコトで人気になってる化粧水、「クレチュール ジュレローション」について話していくよ♪。。実際に使った人が どんなコメントを寄せてるのか、、期待できる効果について、、あと効果的な使い方や気になるセール情報についても話していくよ♪

クレチュール ジュレローションの口コミって?

「いつもは どっちかって
 いうと乾燥ぎみなのに、
 夏になるとテカリがヒドくて。。」

乾燥とテカリの
差が激しくて、
どちらかと言えば、
肌トラブルも起こりやすい。。

よく「インナードライ」
とか「敏感脂性肌」とかって
言われるヤツだね。。

じつは、最近の女子は、
そういう状態になっちゃってる
人が多いみたいなんだよ。。

。。で、そういう肌質の
人たちに話題になってるのが、
この「クレチュール ジュレローション」。。

>>>>公式ページに行ってみる♪

@コスメでも、、

  • 口コミ件数:45件
  • 平均評価:5.9(7点満点中)

って件数は少ないんだけど、
かなり評価は高いっていう
印象なんだよね~♪

具体的な口コミを
みていくと、、

30代女性30代女性

脂性肌だけど敏感肌で、スキンケアには悩まされ続けてました…で、これを塗ると、「吸い付くような肌」っていうんですか、モチモチのしっとりした感じになります…くすみが目立たなくなって、肌が明るくなってきた感じですね…あと、化粧ノリも良くなった…お気に入りです(^^)

。。って感じの口コミが
たくさんあったよ~♪

他にも、、

・とろみのある
 テクスチャーだけど、
 浸透がスゴくいい…

・肌トラブルが よく
 起こってたんですが、
 最近は調子がいいです…

・肌のキメが整ってきて、
 触り心地もやわらかに…

・超敏感肌のわたしでも、
 とくに問題なく使えてますよ(*^^*)

・なにかというと すぐに
 乾燥してたんですが、
 「乾燥知らず」に近い
 状態になってる気がします…

って、感じで、
好評価な人が多いね。。

「浸透の良さ」
「トラブル肌でも使える」
「しっかり潤う」
「肌の調子や化粧ノリがいい」
「透明感が出てきた」

ってトコに口コミが
多く集まってる感じかな。。

。。で、わりと
幅広い層に受けてる
みたいだね。。

「インナードライ」「敏感肌」
「脂性肌」「混合肌」「乾燥肌」

わりと「ゆらぎがち」な
肌の人には、だいたい
評価は高い様子だよ。。

クレチュール ジュレローション

※あ、これらの口コミは
 すべて「個人の感想」に
 なるので、効果・効能を
 保証するようなモノじゃ
 ないので、気をつけてね。。

クレチュール ジュレローションの効果・特徴は?

。。そんな感じで、人気の
クレチュール ジュレローション
なんだけど、、

いったい どんな特徴が
あるのかって話しをしてくと、、

▼▼独自成分「ナノミド」でラメラ構造を整える!

。。まず、この
メーカーさんが着目したのは、
「敏感脂性肌」の女子が
増えてるってコト。。

この「敏感脂性肌」っていうのは、

・クレンジングなどで皮脂を取りすぎてる
・テカるのが嫌なので、さっぱり保湿

をしてる人に多く見られるそうで、、

結局の原因は、

■乾燥
■肌バリアの乱れ

によって起きてると
考えられてるんだよ。。

「乾燥」して「バリアが乱れてる」。。

この状況は、とっても
肌が外からの刺激に弱く、
すぐに肌トラブルなんかも
起こりやすい状態。。

それと もうひとつ、

■皮脂を分泌しやすい状態

でもあるんだ。。

つまりバリア機能が低下して
そこからも どんどん水分が
逃げていってしまうので、、

皮脂を出して それを
食い止めようって、
するんだね。。

なので、

「乾燥してるのに
 意外にテカりやすい」

って感じになるんだ。。

。。で、テカるのが
嫌だから、保湿も抑えめに。。

って、結局どんどん悪循環
なってしまうんだね。。

。。で、クレチュールは、
そんな「敏感脂性肌」の
肌に

■バリア機能を整える

サポートをしてくれる
効果が期待できるよ♪

成分表を見てみたんだけど、、

・セラミド
・肌のラメラ構造に似てる成分

とかが、けっこう
高配合されてるんだね。。

。。で、しかも
それらをナノ化させた
独自配合成分「ナノミド」

配合されてるんだ。。

なので、乱れてる
肌のラメラ構造(バリア機能の部分)を
整えてくれる効果
が期待できるね。。

それによって、脳が
「余分な皮脂を出せ」って
指令も送らなくなって、、

本来の肌の状態に
導いてくれるコトが
期待できるよ♪

▼▼保湿成分・美容成分なども…

もちろん、バリア機能を
整えるだけじゃなくて、

保湿成分としても

  • 3種のヒアルロン酸
  • 3種のコラーゲン

を配合して、より肌に
浸透しやすい処方になってるよ♪

さらに、

「ホホバ油」「パイナップル」
「カンゾウ葉」「ビサボロール」

とかの植物由来の成分も
厳選して配合されてるよ。。

これらによって、
肌がもともと持ってる
保湿をする力を
じっくりサポートしてくれる

効果が期待できるんだ。。

。。とはいっても、
やっぱりメインになるのは、
「バリア機能へのサポート力」
だろうね、、この
クレチュールの特色は。。

こういった形のスキンケアは、
人気があるモノが多いっていうのが、
隼人の印象だよ。。

公式ページをのぞいてみる

。。あと、最近では、
このラメラ構造に着目した
いわゆるラメラ構造コスメが
かなり熱いって隼人的には
考えてるよ♪

別記事にまとめたんで、
よかったら参考にしてね。。

【どのタイミングで使えばいい?】効果的な使い方は…

。。じゃ、次に この
クレチュール ジュレローションの
使い方についてみていこう♪

まず、回数的には、、

★朝と晩の2回

がオススメされてるよ♪

。。で、タイミングなんだけど、、

★クレンジングや洗顔の後

だね。。

なので、役割的には、

■化粧水と美容液が
 合わさった感じ

ってコトになるかな。。

。。で、一回の目安量は、、

■10円玉大くらい

になるよ。。

これを手に取ったら、

顔全体に、優し~く
なじませてあげる
よ。。

基本、これで完了だよ♪

あとは、乳液とか
クリームとかで
仕上げてあげればいい感じ。。

。。で、さらに
スペシャルケアとして、
仕上げた後に、
気になるトコに
「重ね付け」をする
コトも
オススメされてるよ。。

余裕のある人は、
試してみてね。。

使い方としては、
こんなトコだね、、
けっこう簡単だよね♪

クレチュールの公式へ

クレチュールを最安値で買うなら…楽天?

。。じゃ、次に、この
クレチュール ジュレローションの
最安値 情報とかについて
調べてみるよ。。

。。あ、あくまでも
2018年7月15日に調べた
モノなので、気を
つけてね。。

今 調べたトコによると、
「楽天」「Amazon」では、、

  • 楽天:取り扱いなし
  • Amazon:取り扱いなし

だったんだ。。

他にも いろいろ調べて
みたけど、やっぱり
ドコにも置いてない感じ。。

なので、必然的に
最安値は公式ページ
って
コトになるね。。

。。で、公式ページなら、
「美肌モニターコース」って
呼ばれてる定期便が
かなり お得
になってるよ♪

初回限定の特別価格では
通常価格が7240円のトコロを

★970円(税別・送料無料)

で購入できるんだよ~♪

。。で、2回目以降も、
4970円・送料無料

買えるみたい。。

しかも、この定期便なら

★永久返金保証

っていうスゴいモノまで
付いてくるんだ(゚д゚)!

永久って、、のが
スゴいよね♪

くわしいコトは
公式ページからチェックしてみてね♪

クレチュール ジュレローション

気になるクレチュール ジュレローションの全成分は?

。。じゃ、次にこの
クレチュール ジュレローションの
成分の情報について、みていくよ♪

成分情報は、、

公式ページにも、キチンと
公開
されていたよ♪

。。ちょっと、画像だったんで、
コピペできなかったんだけど、、

がんばって写してみたんで、
よかったら参考にしてね♪

■クレチュール ジュレローション 全成分

水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-60水添ヒマシ油、キサンタンガム、水添レシチン、トコフェロール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、スフィンゴモナスエキス、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、セラミド3、ビサボロール、ホホバ種子油、アセチルヒアルロン酸Na、スクワラン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、異性化糖、ポリクオタニウム-51、10-ヒドロキシデカン酸、カンゾウ葉エキス、パイナップル果実エキス、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、メマツヨイグサ種子エキス、アロエベラ葉エキス、ビルベリー葉エキス、ユズ果実エキス、セバシン酸、1,10-デカンジオール、フェノキシエタノール

。。こういった
「セラミド系」や
「ラメラ構造をサポート」する
ような成分が わりと高い比率で
配合されてる
のって、、

人気のスキンケアの場合が
多いんだよなぁ~ってのが
隼人のパッと見の印象だよ。。

悪くない成分表だと思うね。。

(。。あ、とはいっても、
 肌の弱い人は、パッチテストを
 してから使用してね♪)

公式ページはコチラ




▼▼この記事を読んだ後によく読まれてる化粧水の記事は?