隼人隼人

じゃ、今日は、大人気アイテムとして、超ロングセラーになってる資生堂の化粧水「エリクシール」シリーズについて話してくね♪

まずは、エリクシールの化粧水を
はじめて試そうと思ってる人に
立ちはだかる「種類の多さ」の
問題
について。。

それから、
人気の高い「美白」「毛穴」
向けの化粧水は どれかって
コト。。

あと、成分の特徴などに
ついても話してくね♪

エリクシールの化粧水は種類が多い…どれを選ぶ?

なんと、1980年代に
販売を開始
したので、かれこれ
30年以上も売れ続けてる、
資生堂さんの「エリクシール」シリーズ。。

その中でも、今日は、
人気の「化粧水」
しぼって話していこうと
思うよ♪

まず、エリクシールの
公式サイトを見て、
驚くのは、その
種類の多さ。。

「結局、これって
 どれを選んだらいいの?」

って迷ってる人も
多いと思うので、、

分かりやすく話してくね♪

「エリクシール」シリーズは、
おもに「肌悩み」に合わせて、
さらにシリーズが分かれてるんだ。。

■エリクシール シュペリエル

みたいにね。。

それが

  • シュペリエル(肌荒れ)
  • ホワイト(美白)
  • エンリッチド(エイジング)
  • ルフレ(ファーストエイジング)

って形だよ。。

ここで、注意したいのは、
「ルフレ」だね。。

ルフレに関しては、

★はじめてのエイジングケア

(年齢肌に応じたケア)

ってカテゴリなんだけど、、
なぜか、エリクシールの
公式サイトの「商品情報」には
載ってないよ。。

(エイジングケアとしては、
 「エンリッチド」があるので、
 混乱を避けるためかな。。)

なので、別に検索などして
商品ページにたどり着く
必要があるんだよ。。

。。で、各サブカテゴリごとに
化粧水が用意されてるって
形だね。。

  • シュペリエル(肌荒れ)→ リフトモイストローション T
  • ホワイト(美白)→ クリアローション C
  • エンリッチド(エイジング)→ ローション CB
  • ルフレ(ファーストエイジング)→ バランシング ウォーター

ちなみに、名前の最後の
「T」とか「C」とかは、
リニューアルされた時に、
変わっていくよ。。

。。で、さらに この
各化粧水が、「使用感のタイプ」ごとに
数種類、分かれてるモノが
あるよ。。

  • シュペリエル リフトモイストローション T (Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)(3種類)
  • ホワイト クリアローション C (Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)(3種類)
  • エンリッチド ローション CB(1種類)
  • ルフレ バランシング ウォーター(Ⅰ・Ⅱ)(2種類)

並びとしては、

「Ⅰ」がさっぱりしたタイプで、
数が増えていくに従って、
しっとり度が増していくって
形だね。。

。。で、もうひとつ、

「化粧水」に「引き締め」を
プラスした「収れん化粧水」ってのも
2アイテム販売されてるよ♪

  • シュペリエル フレッシュアップ トレーニング(1種類)
  • ホワイト トレーニングローション(1種類)

。。って、実に これだけの
ラインナップが用意されてるんだ。。(^_^;)

基本的な選び方としては、

・一番 自分の肌悩みにしっくり来るモノ
・一番 好みの使用感

から選び出すって形になるね。。

あと、Amazonとかで、検索してると、

■エリクシール シュペリエル リフトモイストローション W

とかが出てきたりするんだけど、、

こういった最後の文字が
違うのは、リニューアル前の
アイテムだと思うよ。。

エリクシールの化粧水は「美白」が人気?

。。ま、悩み別も
あるんだけど、、

もうひとつ
気になるのは、

「どれが人気があるの?」

ってコトだよね。。

@コスメの口コミを
分析してみると、、

★一番人気は、
 「シュペリエル リフトモイストローション」、
 次は、「ホワイト クリアローション」

になるかな、、
って感じだね。。

  • リフトモイストローション:1493件★4.8(2014/10/21~)
  • クリアローション:528件★4.6(2016/3/21~)
  • バランシング ウォーター:65件★4.6(2017/7/21~)

ちなみに、リフトモイストローションは、
ついこないだの2018年10月21日に、
「W」から「T」にリニューアル
された
みたい。。

なので、この数字は「W」のモノだよ。。

3つとも期間がバラバラなので、
少し判断しにくいトコはあるんだけど、、
こういう形だね。。

「バランシング ウォーター」は、
「ファーストエイジングケア」ってコトで、
注目度が、とても高かった
のが
印象的だね。。

ちなみに、「Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」とかの
タイプ別では、、

「リフトモイストローション」と
「クリアローション」は圧倒的に「Ⅱ」
に、、

「バランシング ウォーター」については、
「Ⅰ・Ⅱ」ほぼ半分ずつ
、、

って人気の集まり方だったよ。。

タイプがバラバラなので、
口コミを総評するコトも
難しいんだけど、、(^_^;)

「今まで安い化粧水で
 パシャパシャやってきたんだけど、、

 もう少しグレードの高いモノを…
 って いろいろ探していた時に、
 こちらが しっくり来ました…

 価格と効果のバランスが
 とってもいいと思います!」

っていう形の口コミが
多かったかな。。

口コミの数をあげた上の
3アイテムは、いずれも
「Ⅱ」の口コミで、

「少しトロミのある
 化粧水だけど、
 浸透がよくて、
 しっとりする…」

ってタイプの化粧水みたいだね。。

※口コミについては、
 個人の感想なので、
 効果には個人差が
 出てしまうモノなので、
 気をつけてね。。

「毛穴」にいいのは「どれ」?

。。で、何かと
悩んでる人が多いのが、この
「毛穴」だよね。。

エリクシールの化粧水で、
この「毛穴」PRが強いのは
どれ?って話しをすると、、

「収れん化粧水」である、

・シュペリエル フレッシュアップ トレーニング
・ホワイト トレーニングローション

と、あと、ファーストエイジングケアの

・ルフレ バランシング ウォーター(Ⅰ・Ⅱ)

も、

皮脂と水分のバランスを整え、毛穴の目立たないみずみずしい肌を保つ化粧水

ってコトで、「毛穴」推しに
なってるね。。

。。ま、ただ、バランシング
ウォーターについては、
「バランシング バブル」っていう
洗顔料とセットで、、って
色合いが強いかな、、とも
思うけど。。

なので、「毛穴」に
悩んでる人なら、、
それともう一つ、、

「肌荒れ」「美白」
「ファーストエイジングケア」

の悩みを比べて、

  • 肌荒れ → フレッシュアップ トレーニング
  • 美白 → トレーニングローション
  • ファーストエイジングケア → バランシング ウォーター

って感じで、まず
試してみるのが、オススメだね。。

エタノールが多い?エリクシールの成分について…

エリクシールは、化粧水も
含めた各アイテムの成分が、
資生堂の運営するオンラインショップの

ワタシプラス

の各商品ページに
記載されてるよ♪

。。で、エリクシールの
化粧水に関しては、
「医薬部外品」のモノも
けっこう多いんだけど、、

成分表の並び順が、
「配合順」ではない
のでは、、

って感じてるよ。。

例えば、シュペリエルの
リフトモイストローションの
成分表をみていくと、、

■エリクシール シュペリエル リフトモイストローション T Ⅰ

トラネキサム酸*,オランダカラシエキス,イノシット,水溶性コラーゲン(F),塩酸リジン,精製水,ジプロピレングリコール,エタノール,1,3-ブチレングリコール,濃グリセリン,ポリエチレングリコール1500,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,α-オレフィンオリゴマー,ポリオキシエチレンフィトステロール,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,クエン酸ナトリウム,エリスリトール,ヒドロキシエチルセルロース,クエン酸,メタリン酸ナトリウム,セスキオレイン酸ソルビタン,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ローズマリー油,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

■エリクシール シュペリエル リフトモイストローション T Ⅱ

トラネキサム酸*,オランダカラシエキス,イノシット,水溶性コラーゲン(F),塩酸リジン,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,エタノール,マルチトール液,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,カルボキシビニルポリマー,エリスリトール,エデト酸二ナトリウム,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,ポリアクリル酸ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ローズマリー油,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,香料  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

■エリクシール シュペリエル リフトモイストローション T Ⅲ

トラネキサム酸*,オランダカラシエキス,イノシット,水溶性コラーゲン(F),塩酸リジン,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,エタノール,ポリエチレングリコール1500,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,ヒドロキシエチルセルロース,クエン酸ナトリウム,エリスリトール,クエン酸,エデト酸二ナトリウム,アルギン酸ナトリウム,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ローズマリー油,酵母エキス(3),L-アルギニン塩酸塩,フェノキシエタノール,パラオキシ安息香酸エステル,香料  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

ってなってたよ。。

おそらく この並び方から
推測すると、、

  1. 有効成分
  2. その他の成分(PRしたい成分)
  3. その他の成分(それ以外の成分)

の順ではないか、、っていうのが
隼人の個人的な推測だよ。。

上の例でいうと、

トラネキサム酸のみが、有効成分で、、

その後、オランダカラシエキスから
がPRしたい成分で、、

その後、精製水からが、それ以外の
成分で、、

おそらくだけど、「それ以外の成分」に
ついては、配合量の順番に並べられて
いるんじゃないか、、
って
思うんだ。。

(ただし、1%以下は順不同)

その考え方に従ってみてみると、、

「I」のさっぱり系のモノって、
エタノールなんかのアルコール系が
わりと多めに配合されてる感じ
なので、、

肌の弱い人は、「I」は
オススメではないね。。

口コミでも人気の高かった
「Ⅱ」から まず試してみる
コトをオススメするよ。。

エリクシールの化粧水は「詰め替え」があってエコ♪

。。あと、エリクシールの
化粧水の特徴として、

★詰め替え

が各種に用意されてるんだ。。

もちろん、価格も
少しお安く買える

形になってるよ。。

こういうのって、、
エコでいいよね。。

ちなみに、気になる
価格的には、、

  1. シュペリエル リフトモイストローション
  2. ルフレ バランシング ウォーター
  3. ホワイト クリアローション
  4. エンリッチド ローション

上の方が安く、下に
行くに従って高くなってく
感じだね。。

その部分も含めて、
↓のAmazonのページなどで
チェックしてみてね♪

エリクシール ホワイト クリアローション C Ⅱ>>




▼▼この記事を読んだ人にオススメの記事